FC2ブログ

くらしき文化サポーター

中四国有数の拠点都市に成長した倉敷市。 観光地で有名なだけでなく、長い歴史と多くの文化遺産を有するまちなのです。少しずつ、このまちの文化を紹介していきたいと思います。

 今日、一年前の西日本豪雨後、初となる「真備・船穂総踊り」が開催されました。

 あいにく、本日の天気予報は芳しくありません。
 やはり、昼過ぎから、雨がぱらつき始めました。

20190713_iphone_ (3)

 そんな中、15時から舞台が開始され、「吉備真備太鼓」がオープニングを飾りました。

 ちなみに、今日の私の仕事は。
 舞台を横目にしつつ、「倉敷市真備支え合いセンター」のロゴ・電話番号が入った手ぬぐいを配ること。

 「真備支え合いセンター」とは、今年から一緒に仕事をしているチームです。
 被災された方々、一軒一軒を訪問し、困りごと等を傾聴し、必要な支援につなぐことを業務としています。

 そういう部署の手ぬぐいを配りつつ、お一人お一人に声を掛けつつ、活動内容を伝えていたのです。

20190713_iphone_ (29)

 さて。
 その後、数々の舞台を経たのち。
 支所前の「まきび通り」で「総踊り」がスタート。

20190713_iphone_ (40)

 日が落ちるにしたがって、やや力の強くなる雨を受けつつ、多くの地域団体や会社などのチームが、踊りを披露しました。
 沿道に傘の花が咲くほどの多くの方々が、家族や友人の踊りに声をかけていました。

20190713_iphone_ (18)

20190713_iphone_ (41)

 参加団体の、踊りが披露された後には。
 見学の方々などの、自由参加による踊り。

20190713_iphone_ (58)

 無事に、今年の催しが終了しました。

 本日の私の収穫は。
 皆さんの元気な姿を見ることができたこと。

 さらに、10年前、一緒に仕事をしていた真備町の方々と、久々に現状の報告を交わせたことです。
 いつでも会えると思いながら、なかなか会う機会がないまま、一年前の豪雨災害が起き、現在まで日が経ってしまっていたので、本当にうれしい出会いが何十回もありました。

 また、明日から頑張りましょう。


第13回真備・船穂総踊り
 日時: 令和元年7月13日(土) 15:00~20:30
 場所: 真備支所前駐車場・まきび通り
 主催: 真備・船穂総踊り実行委員会
 共催: 倉敷市
テーマ:岡山県 - ジャンル:地域情報
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://kurashikibunka.blog106.fc2.com/tb.php/1806-a1f8575c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック