くらしき文化サポーター

中四国有数の拠点都市に成長した倉敷市。 観光地で有名なだけでなく、長い歴史と多くの文化遺産を有するまちなのです。少しずつ、このまちの文化を紹介していきたいと思います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20160827_iPhone_ (1)

 時折思い出したように古本屋巡りをします。
 今回見つけて購入したのが「平凡社陶器全集『三島』」。

 ここでいう「三島」とは、陶器の模様の一種。
 器の表面を削り、あるいは凹ませ、白土などの色の異なる土を埋め込み、様々な模様を描き出す技法です。

 三島大社の暦の模様(崩し字)に似ていることから、この手の模様は「三島」手、「暦」手などと呼ばれます。

20160827_iPhone_ (2)

 さて、この本の表紙になっている壺。
 実はこの壺、倉敷民藝館所蔵の名品なんですね。

 倉敷民藝館には当初からあったわけではなく、後の寄贈品だと聞いています。
 昭和41年発行のこの本では所蔵場所が明記されていませんから、その後に寄贈されたものなのかもしれませんね。

 そういえば、この壺をしばらく見ていません。
 民藝館に久方ぶりの展示をお願いしておきましょうか。
テーマ:岡山県 - ジャンル:地域情報
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://kurashikibunka.blog106.fc2.com/tb.php/1671-6be20069
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。