くらしき文化サポーター

中四国有数の拠点都市に成長した倉敷市。 観光地で有名なだけでなく、長い歴史と多くの文化遺産を有するまちなのです。少しずつ、このまちの文化を紹介していきたいと思います。

 玉島富の「富八幡神社」。
 富集落の鎮守であります。

 この間、立ち寄ったときに鳥居や狛犬の台座などの年号を読み取ってきましたので、自分の覚えのために記しておきます。

20160109_ (42)

20160109_ (90)

 東の参道(裏参道)
 鳥居 = 記銘なし
 門柱 = 文久三年癸亥 十月吉■日 赤澤傳三郎 同松太郎 / 備前國兒嶋郡興除新田曾根 赤澤栄之介

20160109_ (115)

20160109_ (116)

 西の参道(表参道)
 鳥居 = 記銘なし
 狛犬の台座 = 文化十三歳丙子 八月吉日 村中 尾道石工 友八作(左右とも)


 昔は、結構、市内の神社でこういったことを調べていたのです。
 寄進者などを調べておけば、江戸後期の地域間の繋がりや縁戚関係の調査の一助になるかな、と思っていたからなのです。

 とはいえ、パソコンが壊れた時に、全部のデータが消えてしまいました。
 もう一度、集め直しです。
テーマ:岡山県 - ジャンル:地域情報
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://kurashikibunka.blog106.fc2.com/tb.php/1649-6ab8552c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック