くらしき文化サポーター

中四国有数の拠点都市に成長した倉敷市。 観光地で有名なだけでなく、長い歴史と多くの文化遺産を有するまちなのです。少しずつ、このまちの文化を紹介していきたいと思います。

20151114_iPhone_ (80)

 昨日、講演会「宛書簡から見た薄田泣菫」に行ってきました。
 講師の浦西和彦先生は、薄田泣菫宛書簡の解析プロジェクトで大変お世話になった先生です。

 先生をはじめとするプロジェクトチームのおかげさまで、倉敷市が所蔵する薄田泣菫宛書簡は多くが解析され、その成果は昨年度と一昨年度にわたって「書簡集」として書籍化されました。
 今年度は、その最終となる書簡集の第三集が発刊されることになっています。

20151114_iPhone_ (85)

 さて、浦西先生の講演は。
 坪内逍遥、二葉亭四迷などを取り上げながら、泣菫の活躍した明治期の文学の流れを把握できるものでした。

20151019_3006.jpg

 個人的に、少しは賢くなった気がします。


宛書簡から見た薄田泣菫
 日時: 平成27年11月14日(土) 13:30~
 場所: 倉敷市立美術館 3階講堂
 講師: 浦西和彦 関西大学名誉教授
 主催: 倉敷市・倉敷市文化連盟
テーマ:岡山県 - ジャンル:地域情報
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://kurashikibunka.blog106.fc2.com/tb.php/1635-64179d19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック