くらしき文化サポーター

中四国有数の拠点都市に成長した倉敷市。 観光地で有名なだけでなく、長い歴史と多くの文化遺産を有するまちなのです。少しずつ、このまちの文化を紹介していきたいと思います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20110530_1001.jpg

 倉敷市内の昔と今をめぐる写真の旅。
 4回目の今回は、市内の昭和30~40年代の風景を取り上げます。

 東京オリンピックや大阪万博と、国家レベルの大プロジェクトが動き。
 倉敷市でも水島コンビナートの建設や三市合併など、大きな変革のあった時代です。

 建設中の水島コンビナート、塩田の名残の色濃い児島、路線拡幅中の倉敷駅前など。
 今と昔の写真を比べながら、風景や暮らしの移り変わりをご覧ください。


第4回くらしき今昔写真展(昭和30~40年代編)
 期間: 平成23年6月28日(火)~7月3日(日)
 場所: 倉敷物語館 (倉敷市阿知2-23-8 美観地区入口)
 主催: 倉敷市
 入場料: 無料
スポンサーサイト
テーマ:岡山県 - ジャンル:地域情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。