くらしき文化サポーター

中四国有数の拠点都市に成長した倉敷市。 観光地で有名なだけでなく、長い歴史と多くの文化遺産を有するまちなのです。少しずつ、このまちの文化を紹介していきたいと思います。

20171011_3005.jpg

20171011_3006.jpg

 毎年、全国からファンが集まるイベント「巡・金田一耕助の小径」。

 すでに始まっているところですが。
 個人的には、11月25日のコスプレイベント「1000人の金田一耕助」がメインイベントだと思っています (^^)


巡・金田一耕助の小径
 日時: 平成29年9月16日(土)~11月26日(日)
 場所: 倉敷市真備町、高梁川流域圏域
 主催: 「巡・金田一耕助の小径」実行委員会
テーマ:岡山県 - ジャンル:地域情報
20160430_iPhone_ (3)

 刊行に足掛け3年かかった「薄田泣菫書簡集」の最終巻・第3巻が、3月末に刊行されました。
 薄田泣菫宛てに書簡を出した人物を作家、詩歌人、文化人に分けて、3巻に収録ています。

 寄贈を受けた書簡の中から芥川龍之介の未発表原稿が見つかったのが、平成19年。
 それを縁に、専門の先生方にお集まりいただいて薄田泣菫資料研究チーム(後のプロジェクトチーム)を発足させたのが、平成22年。

 その後、私は平成25年4月に他部署へ異動となりましたが、変わらずそのあとを受け継いで、刊行に尽力してくれた次担当、そしてプロジェクトチームの先生方。
 本当にご苦労をおかけしました。

 私の異動後に第1巻が発行されていますので、私は書簡集の刊行(の一番難しいところ)には携わっていません。
 ですので、皆様方には本当に感謝しかありません。

 久々に書簡集を手に取りましたので、当時のことを思い出しながら、今夜は綴ってみました。
テーマ:岡山県 - ジャンル:地域情報
20151114_iPhone_ (80)

 昨日、講演会「宛書簡から見た薄田泣菫」に行ってきました。
 講師の浦西和彦先生は、薄田泣菫宛書簡の解析プロジェクトで大変お世話になった先生です。

 先生をはじめとするプロジェクトチームのおかげさまで、倉敷市が所蔵する薄田泣菫宛書簡は多くが解析され、その成果は昨年度と一昨年度にわたって「書簡集」として書籍化されました。
 今年度は、その最終となる書簡集の第三集が発刊されることになっています。

20151114_iPhone_ (85)

 さて、浦西先生の講演は。
 坪内逍遥、二葉亭四迷などを取り上げながら、泣菫の活躍した明治期の文学の流れを把握できるものでした。

20151019_3006.jpg

 個人的に、少しは賢くなった気がします。


宛書簡から見た薄田泣菫
 日時: 平成27年11月14日(土) 13:30~
 場所: 倉敷市立美術館 3階講堂
 講師: 浦西和彦 関西大学名誉教授
 主催: 倉敷市・倉敷市文化連盟
テーマ:岡山県 - ジャンル:地域情報
20151019_3006.jpg


宛書簡から見た薄田泣菫
 日時: 平成27年11月14日(土) 13:30~
 場所: 倉敷市立美術館 3階講堂
 講師: 浦西和彦 関西大学名誉教授
 主催: 倉敷市・倉敷市文化連盟
 入場料: 無料
テーマ:岡山県 - ジャンル:地域情報
20151019_3004.jpg

20151019_3005.jpg

 忘れとった。
 早く行かねば。


没後70年 薄田泣菫展
 期間: 平成27年10月6日(火)~平成28年1月17日(日)
 場所: 吉備路文学館(岡山市北区南方3-5-35)
 主催: 吉備路文学館
 共催: 倉敷市
 入館料: 一般400円ほか
テーマ:岡山県 - ジャンル:地域情報
20150907_2002.jpg

20150907_2003.jpg


巡・金田一耕助の小径
 期間: 平成27年10月3日(土)~平成28年1月24日(日)
 場所: 倉敷市内,笠岡市内,新見市内ほか
 主催: 巡・金田一耕助の小径実行委員会
テーマ:岡山県 - ジャンル:地域情報
20150811_2002.jpg


備中の漢学を考えるシンポジウム 三島中洲・渋沢栄一・坂谷朗廬
 日時: 平成27年9月10日(木) 18:00~
 場所: 倉敷公民館
 主催: (公財)渋沢栄一記念財団
 入場料: 無料

※ 翌11日(金)には、興譲館(井原市)でもシンポジウムがあります。
テーマ:岡山県 - ジャンル:地域情報
20141027_1002.jpg

20141027_1003.jpg

 遠方からの金田一ファンも、地元の人々も、ともに楽しめるイベントに成長しました。
 イベントは11月が本番。
 お楽しみに。


巡・金田一耕助の小径
 日時: 平成26年10月18日(土)・11月22日(土)・11月23日(日祝)
 場所: 横溝正史疎開宅ほか真備町内
 主催: 「巡・金田一耕助の小径」実行委員会
テーマ:岡山県 - ジャンル:地域情報
20140819_ (4)

 先日、文学座談会 「薄田泣菫と文豪たち」が開催され、昨年3月に発刊された「倉敷市 薄田泣菫宛書簡集 作家編」の研究成果がわかりやすく講義されました。

 菊池寛、芥川龍之介、国木田独歩、谷崎潤一郎、武者小路実篤、与謝野晶子、など。
 泣菫さんが関わった文豪たちの書簡から、それぞれの人物像に光を当てた解説がなされました。

20140819_ (10)

 そして、来年3月に発刊される「詩歌人編」の予告も随分と行われました。 (^^)

 今回の「作家編」でも随分と未公開の書簡が多かったのですが、次回の「詩歌人編」でも著名な人物の未公開の書簡が多いようです。

 この日取材に訪れていた記者の方々も、そういった先生方の話をメモしていたようですので、今後メディアで新たな書簡発見のニュースを見ることもありそうですね。

 楽しみです。


文学座談会 「薄田泣菫と文豪たち」
 日時: 平成26年8月19日(火) 18:30~20:30
 場所: 倉敷市役所2階 207会議室
 主催: 倉敷市文化振興課
テーマ:岡山県 - ジャンル:地域情報
20140714_2001.jpg


文学座談会 「薄田泣菫と文豪たち」
 日時: 平成26年8月19日(火) 18:30~20:30
 場所: 倉敷市役所2階 207会議室
 主催: 倉敷市
 聴講料: 無料 (申し込み先着順で80名まで)
テーマ:岡山県 - ジャンル:地域情報
20130828_002.jpg

 今夜は薄田泣菫文庫調査研究チームによる文学座談会。
 会場の倉敷物語館の会議室は50人の満員でした。

20130828_008.jpg

 研究チームの庄司達也先生の司会のもと、掛野剛史先生、加藤美奈子先生による。
 これまでの研究成果の概要とその裏話や、書簡などの資料の持つ意味が語られました。

 与謝野晶子、志賀直哉、芥川龍之介と薄田泣菫との関係や、書簡から見えてくる泣菫との人間関係や彼らの人物像まで、わかりやすく楽しく語っていただきました。

20130828_009.jpg

 特に、泣菫と芥川と、谷崎潤一郎との絡みには笑わせてもらいました。
 研究チーム内で話題に上ったばかりの、今一番ホットな話題だったようです。

 楽しませていただきました。

 テレビや新聞社などのマスコミの姿も多く見えていましたから。
 放送や掲載は明日かな。(^^)


文学座談会 薄田泣菫文庫の調査研究から見えてきたこと
 日時: 平成25年8月28日(水) 18:30~
 場所: 倉敷物語館 2階会議室
 主催: 倉敷市文化振興課
テーマ:岡山県 - ジャンル:地域情報
20130814_5001.jpg


文学座談会 薄田泣菫文庫の調査研究から見えてきたこと
 日時: 平成25年8月28日(水) 18:30~
 場所: 倉敷物語館2回会議室
 主催: 倉敷市
 入場料: 無料(先着45名)
テーマ:岡山県 - ジャンル:地域情報
20130722_1002.jpg


中秋の名月に歌う 倉敷ゆかりの詩人たち
 日時: 平成25年9月19日(木) 18:00~
 場所: 玉島市民交流センター 湊ホール
 主催: くらしき作陽大学ふるさと創歌研究室
 入場料: 大人1,500円 大学生以下800円
テーマ:岡山県 - ジャンル:地域情報
20130712_1001.jpg


万葉調歌人「平賀元義を語る会」
 日時: 平成25年8月25日(日) 13:30~15:30
 場所: 玉島市民交流センター 第2会議室
 主催: 玉島文化協会・平賀元義生誕碑建立実行委員会
 参加費: 無料
テーマ:岡山県 - ジャンル:地域情報
20130515_1001.jpg


京極夏彦講演会 怪異のからくり
 日時: 平成25年6月30日(日) 14:00~
 場所: 倉敷市芸文館 ホール
 主催: 倉敷市文化振興財団・倉敷市
 入場料: 無料(入場整理券が必要です)
テーマ:岡山県 - ジャンル:地域情報