くらしき文化サポーター

中四国有数の拠点都市に成長した倉敷市。 観光地で有名なだけでなく、長い歴史と多くの文化遺産を有するまちなのです。少しずつ、このまちの文化を紹介していきたいと思います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20170426_3004.jpg

20170426_3005.jpg

 もう12回目になるのかな。
 倉敷の手仕事市の草分けです。


フィールドオブクラフト倉敷2017
 日時: 平成29年5月13日(土)~14日(日)
 場所: 倉敷市芸文館前広場
 主催: フィールドオブクラフト実行委員会
スポンサーサイト
テーマ:岡山県 - ジャンル:地域情報
20150430_1002.jpg

20150430_1001.jpg

 ここいらあたりの手仕事マーケットの草分け的存在です。

 もう10回目になるんだなあ。
 大したもんです。


フィールドオブクラフト倉敷10
 日時: 平成27年5月16日(土)~17日(日)
 場所: 倉敷市芸文館前広場
 主催: フィールドオブクラフト倉敷実行委員会
テーマ:岡山県 - ジャンル:地域情報
20140603_2001.jpg

 倉敷の民藝を代表する「倉敷ガラス」。
 その初期からの作品が集まりました。

 個人的には、小谷眞三さんのエナメル彩の小瓶には驚きました。
 こんな倉敷ガラスもあったのか、としばし感じ入った次第です。

 倉敷ガラスのほかに、フランスのジャムポッドやエナメル彩の瓶など、倉敷民藝館の素晴らしい所蔵品も並びます。
 お楽しみに。


特別企画 ― 倉敷ガラス50周年記念展 ―
 期間: 平成26年6月6日(金)~11月30日(日)
 場所: 倉敷民藝館
 主催: (公財)倉敷民藝館
テーマ:岡山県 - ジャンル:地域情報
20140527_2001.jpg

20140527_2002.jpg


第3回 made in Kurashiki in くらしき
 日時: 平成26年5月31日(土)~6月1日(日) 10:00~16:00
 場所: 倉敷市芸文館 広場
 主催: made in Kurashiki in くらしき実行委員会
テーマ:岡山県 - ジャンル:地域情報
20140324_1001.jpg

20140324_1002.jpg

 手仕事の見本市。
 お勧めのイベントです。

 どうか五月晴れでありますように。


フィールドオブクラフト倉敷 9
 日時: 平成26年5月17日(土)~5月18日(日)
 場所: 倉敷市芸文館前広場
 主催: フィールドオブクラフト倉敷実行委員会
テーマ:岡山県 - ジャンル:地域情報
20130725_1001.jpg

 先日、行ってまいりました。
 虫明焼(むしあけやき)は、瀬戸内市で江戸時代から続く焼き物です。

 雑器としての虫明焼、そして茶道具として洗練された虫明焼を一通りは知っているつもりでいましたが。
 今回の展示品を見ると、こんな器も在ったのか、とただ驚かされるばかりでした。

 染付、古染付写し、三島写し。
 私が知っているより、はるかに多くの技法を凝らせた虫明焼を見ることができました。

 勉強になります。


塩田王野﨑家のやきもの 虫明焼
 期間: 平成25年6月5日(水)~8月4日(日)
 場所: 野﨑家塩業歴史館
 入館料: 大人500円 小中学生300円
テーマ:岡山県 - ジャンル:地域情報
20130206_2006.jpg

20130206_2005.jpg


倉敷七宝協会小品展
 期間: 平成25年3月21日(木)~3月26日(火)
 場所: ギャラリーメリーノ(倉敷市阿知2-25-44)
テーマ:岡山県 - ジャンル:地域情報
20121109_1002.jpg

 三年前の新鋭作家選抜美術展に出展された、武内立爾さんの作品展です。


酒津榎窯 武内立爾 作陶展
 期間: 平成24年11月9日(金)~15日(木)
 場所: 倉敷天満屋4階 美術画廊
テーマ:岡山県 - ジャンル:地域情報
20120919_1001.jpg

 「錦備前」は稲ワラを器物に巻き、窯の中での炭素の化学変化により請ずる色あいに特徴があります。
 金・銀・パール・グレー・黒等々さまざまに変化する景色をお楽しみください。


山下今朝吾 錦備前作陶展
 期間: 平成24年10月2日(火)~10月14日(日)
 場所: 倉敷中央画廊(倉敷市中央1-6-3)
テーマ:地域情報 - ジャンル:地域情報
20120817_1003.jpg

 年に一回開催される、市内のプロ陶芸家たちの展覧会です。


第27回倉敷陶友会展
 期間: 平成24年9月4日(火)~9月9日(日)
 場所: 倉敷市立美術館
 主催: 倉敷陶友会
 入場料: 無料
テーマ:岡山県 - ジャンル:地域情報
20120622_1001.jpg

 茶屋町から早島へと通じる汐入川とその堤防道。
 私の記憶にある昔々のこのあたりは、一面藺草の畑が広がっていました。

 このとおり、当時の岡山県はまごうことなく藺草の一大生産地であり。
 良質の藺草を用いた花筵や花茣蓙、畳表は、私たちの地域の名産品であったのですね。


早島・倉敷 花ござまつり
 日時: 平成24年7月7日(土)~7月8日(日)
 場所: 早島町役場 西特設会場
 主催: 岡山特産花ござまつり実行委員会
テーマ:岡山県 - ジャンル:地域情報
20120609_054.jpg

 今日、明日と、芸文館前の広場では。
 「made in Kurashiki in くらしき」展が開催。

20120609_074.jpg

 出展作家は、このとおりです。

20120609_086.jpg

 今日は、やや雨風が残る天気でしたが。
 明日は晴れるそう。

 お越しくださいませ。


第1回 made in Kurashiki in くらしき
 日時: 平成24年6月9日(土)~6月10日(日)
 場所: 倉敷市芸文館広場
 主催: made in Kurashiki in くらしき実行委員会
テーマ:岡山県 - ジャンル:地域情報
20120517_1003.jpg


第1回 made in Kurashiki in くらしき
 日時: 平成24年6月9日(土)~6月10日(日)
 場所: 倉敷市芸文館広場
 主催: made in Kurashiki in くらしき実行委員会
テーマ:岡山県 - ジャンル:地域情報
20120512_072.jpg

 今年で7回目となりました「フィールドオブクラフト倉敷」。
 GW明けの恒例の催しとして、すっかり定着したようです。

 回を重ねるごとに、来場者が増え、活気が増しているようで。
 初回から見ている人間としても嬉しい限りです。

 本当に、実行委員会や参加する作家たちの努力の賜物だと思います。

20120512_016.jpg

 この催しの魅力の一つは。
 このように、その作品の作者とその場で会話をしながら品物を選べること。

 お目当てとしている作家がいる来場者も少なくないようで。
 多くのブースで楽しげな会話が弾んでいました。 

20120512_013.jpg

 さて、あらためて気づいたのですが。
 来場者には、小さい子どものいる家族が多いのです。

 会場全体の雰囲気も良いこともあり、家族で楽しめるイベントとして認知されている証なのでしょう。

20120512_036.jpg

20120512_044.jpg

 今年も、子どもたちと一緒に楽しめるワークショップブースが充実。
 どのブースも満員でした。

 この催しは明日も開催。
 明日も天気に恵まれそうです。

 お気に入りの品々を見つけに、ワークショップを楽しみに。
 出かけてみませんか。


フィールドオブクラフト倉敷 7
 日時: 平成24年5月12日(土)~5月13日(日)
 場所: 倉敷市芸文館前広場
 主催: フィールドオブクラフト倉敷実行委員会
テーマ:岡山県 - ジャンル:地域情報
20120509_1001.jpg


倉敷堤窯 武内真木 陶展
 期間: 平成24年5月11日(金)~5月17日(木)
 場所: 倉敷天満屋 4階美術画廊
テーマ:岡山県 - ジャンル:地域情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。