くらしき文化サポーター

中四国有数の拠点都市に成長した倉敷市。 観光地で有名なだけでなく、長い歴史と多くの文化遺産を有するまちなのです。少しずつ、このまちの文化を紹介していきたいと思います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 昨日、初日の公演を終えた、村芝居 備中甕江座「熊田藩老の節死Ⅱ」。
 山陽新聞にもカラーで紹介されていましたね。

 さて、本日は、千秋楽の運びとなりました。

20141130_ (98)

 数か月間、稽古を積み重ねてきた「備中甕江座」のメンバー。
 これを最後とばかりに気合の入った演技を見せてくれました。

20141130_ (107)

 昨日は晴天の中の公演でありましたが、本日は折悪く途中から宇宙での公演となりました。
 それでも、熱の入った演技が続き、観客の多くも帰ることなく、雨中の公演に拍手を送っていました。
 (ついでに多数のおひねりも宙を舞いました。)

20141130_ (154)

20141130_ (169)

 一所懸命の公演を終えた「備中甕江座」。
 盛況のうちに舞台が降り、何よりです。
 お疲れ様でした。


村芝居 備中甕江座「熊田藩老の節死Ⅱ」
 日時: 平成26年11月29日(土)、30日(日) 14:00~
 場所: 羽黒神社境内(倉敷市玉島中央町1-12-1)
 主催: 備中甕江座実行委員会ほか
スポンサーサイト
テーマ:岡山県 - ジャンル:地域情報
20141110_2001.jpg


村芝居 備中甕江座「熊田藩老の節死Ⅱ」
 日時: 平成26年11月29日(土)、30日(日) 14:00~
 場所: 羽黒神社境内(倉敷市玉島中央町1-12-1)
 主催: 備中甕江座実行委員会ほか
テーマ:岡山県 - ジャンル:地域情報
20140916_2001.jpg

 今年も玉島の偉人・熊田恰の村芝居が行われます。
 皆様、ご参加を。


村芝居 備中甕江座「熊田藩老の節死Ⅱ」
 日時: 平成26年11月29日(土)、30日(日) 14:00~
 場所: 羽黒神社境内(倉敷市玉島中央町1-12-1)
 主催: 備中甕江座実行委員会
テーマ:岡山県 - ジャンル:地域情報
20131116_090.jpg

 村芝居 熊田藩老の節死。
 二日目、最終日を無事に終えることが出来ました。

20131117_060.jpg

 始める直前に雨が激しくなってどうしようかとも思いましたが。
 強行の結果、なんとか天気ももち、幕を下ろすことが出来ました。

20131116_108.jpg

 メンバー全員が舞台経験はなし。
 そういや、小学校の学芸会以来か、などと言っていましたが。

 なんとかやってみました。
 大根上等、の勢いと覚悟で押し切りました。

20131116_060.jpg

 見に来ていただいた地元の方々。
 遠方からお越しいただいた方々。

 おひねりを投じて下ったノリの良い方々。
 宣伝にご協力いただいた地元商店街、神社、マスコミの方々。

 いろいろと支えてくださったスタッフの皆様方。

 数ヶ月間、仕事終わりに集まって練習をした出演者の面々。

 皆様方のお力で、ここまで辿り着くことが出来ました。
 ただただ感謝の言葉しかございません。

 ありがとうございます。 <(_ _)>


村芝居 熊田藩老の節死
 日時: 平成25年11月16日(土)/11月17日(日)
 場所: 羽黒神社境内
 主催: 備中甕江座実行委員会
テーマ:岡山県 - ジャンル:地域情報
20131116_005.jpg

20131116_037.jpg

 村芝居 熊田藩老の節死。
 抜けるような青空の下、一日目の公演です。

 昼からは気温も上がり、良いコンディションの中での公演。
 感謝です。

20131116_063.jpg

 出演者・スタッフで公演前に羽黒神社境内内の「熊田神社」に参拝。
 芝居の成功と、無事を祈願いたしました。

20131116_088.jpg

20131116_089.jpg

 100余名の観客を集め、舞台は終了。
 なんとか、なんとか。

 明日もがんばりましょう。


村芝居 熊田藩老の節死
 日時: 平成25年11月16日(土)14:00~/11月17日(日)14:00~
 場所: 羽黒神社境内
 主催: 備中甕江座実行委員会
 入場料: 無料
テーマ:岡山県 - ジャンル:地域情報
20131115_2001.jpg

20131115_2002.jpg

 村芝居 熊田藩老の節死。
 なんか、背景がわかりにくいようなので、こんな会場用パンフレットを作りました。

 「龍馬伝」は3年前だし、今年は「八重の桜」もやってるから。
 幕末から戊辰戦争あたりの歴史は大丈夫かなとも思ったのですが。
 一応作ってみました。

 実は作っている本人が、一番勉強になってたりして。。。

 さてさて。
 ご観覧の皆様。
 会場にてお待ちしております。


村芝居 熊田藩老の節死
 日時: 平成25年11月16日(土)14:00~/11月17日(日)14:00~
 場所: 羽黒神社境内
 主催: 備中甕江座実行委員会
 入場料: 無料
テーマ:岡山県 - ジャンル:地域情報
20131115_001.jpg

20131115_005.jpg

 最後の練習が終わりました。

20131115_012.jpg

 明日と明後日、本番です。


村芝居 熊田藩老の節死
 日時: 平成25年11月16日(土)14:00~/11月17日(日)14:00~
 場所: 羽黒神社境内
 主催: 備中甕江座実行委員会
 入場料: 無料
テーマ:岡山県 - ジャンル:地域情報
20131113_036.jpg

 村芝居「熊田藩老の節死」。
 練習も今日を入れて、あと2回。

 いよいよですなあ。

20131113_039.jpg

 今夜は通し稽古を2回。
 絶好調だす。

 だよね、だよね。 (;^_^A


村芝居 熊田藩老の節死
 日時: 平成25年11月16日(土)14:00~/11月17日(日)14:00~
 場所: 羽黒神社境内
 主催: 備中甕江座実行委員会
 入場料: 無料
テーマ:岡山県 - ジャンル:地域情報
20131108_002.jpg

 慶應四/明治元(1868)年一月。
 戦火から玉島の町を守った熊田恰は、間違いなく玉島の英雄です。

 でも、感謝の念も時が流れるうちに、史実の中に埋もれていきます。

 それでも、玉島の人たちの中には、熊田様(熊田神社)を大切にされている人々がまだまだいて。
 そういった話を聞くたびに、どうにかそういった想いを受け継ぎたいと思っていました。

 それがまあ、今回の素人芝居という形になったわけなのです。

20131108_012.jpg

 ただいま鋭意練習中。
 今週末にご披露いたします。

 なんとか。


村芝居 熊田藩老の節死
 日時: 平成25年11月16日(土)14:00~/11月17日(日)14:00~
 場所: 羽黒神社境内
 主催: 備中甕江座実行委員会
 入場料: 無料
テーマ:岡山県 - ジャンル:地域情報
20131108_003.jpg

 村芝居「熊田藩老の節死」。
 いよいよ来週かあ。

20131108_015.jpg

 稽古しなくちゃ。


村芝居 熊田藩老の節死
 日時: 平成25年11月16日(土)14:00~/11月17日(日)14:00~
 場所: 羽黒神社境内
 主催: 備中甕江座実行委員会
 入場料: 無料
テーマ:岡山県 - ジャンル:地域情報
20131101_008.jpg

 村芝居 熊田藩老の節死。
 週二の練習も佳境に入りました。

 衣装も小道具も、追々そろってきています。

20131101_046.jpg

 舞台経験は全くない面々ですが、がんばっております。

 舞台のイメージが、昭和半ばごろまで各地に残っていた、青年団の村芝居のイメージですので。
 そういった味を楽しんでいただければ、幸いです。


村芝居 熊田藩老の節死
 日時: 平成25年11月16日(土)14:00~/11月17日(日)14:00~
 場所: 羽黒神社境内
 主催: 備中甕江座実行委員会
 入場料: 無料
テーマ:岡山県 - ジャンル:地域情報
20131005_059.jpg

20131019_014.jpg

 村芝居 熊田藩老の節死。
 ただいま、週二で練習中です。

 参加者は、20~70歳代の男性陣。
 男くさくがんばっています。

20131005_006.jpg

 羽黒神社の境内に、張り出しの舞台を作ります。

 公演は来月半ば。
 どうぞお越しくださいませ。


村芝居 熊田藩老の節死
 日時: 平成25年11月16日(土)14:00~/11月17日(日)14:00~
 場所: 羽黒神社境内
 主催: 備中甕江座実行委員会
 入場料: 無料
テーマ:岡山県 - ジャンル:地域情報
20131015_2001.jpg


村芝居 熊田藩老の節死
 日時: 平成25年11月16日(土)14:00~/11月17日(日)14:00~
 場所: 羽黒神社境内
 主催: 備中甕江座実行委員会
 入場料: 無料
テーマ:岡山県 - ジャンル:地域情報
20130704_1001.jpg

20130704_1002.jpg

 先日、昭和十五年に発行された芝居の台本が見つかりました。
 題名は「熊田藩老の節死」。玉島事変における備中松山藩家老・熊田恰の生き様を描いた台本です。

 語られる機会も少なくなってしまいましたが、幕末維新の動乱の嵐はここ玉島の地にも押し寄せていました。
 玉島を領する備中松山藩は、藩主板倉勝静が幕府家老の職にあったため、明治新政府に敵対することになっていたからです。

 慶應四/明治元(1868)年一月。
 松山藩の拠点である玉島港は、新政府の意を受けた岡山藩の軍勢に囲まれ、戦火に包まれるのも時間の問題となっていました。
 このとき自らの生命を賭して、藩兵と玉島の民を守った人物が「熊田恰」です。
 彼は切腹を果たすことで岡山藩の軍勢を退かせ、玉島を守りました。

 戦火を免れた玉島の人々は深く熊田恰に感謝をしたのです。
 そして彼は今、人々の手により玉島を見守る羽黒山に神様となって祀られています。

 さて、発見された戦前の台本は玉島・団平町にあった芝居小屋「甕江座」にゆかりの家から発見されました。
 今年は明治維新、そして熊田恰没後百四十五年。

 今この台本が発見されたことは何かの縁でありましょう。
 そこで旧・玉島港の周辺の皆様の参加をいただき、芝居「熊田藩老の節死」を復活させたいと願っています。
 住民自らで作り上げ、出演する『昭和の村芝居』として。

 この芝居を復活させるにあたり、団体名は「備中甕江座」がふさわしいと思っています。
 まちの記憶を拠り所とする名前です。
 備中甕江座は皆さんを歓迎いたします。


村芝居「熊田藩老の節死」 参加者募集
 締切: 平成25年8月2日(金)

※ 本番公演は、平成25年11月16日~17日(予定)。玉島羽黒神社の境内にて。
テーマ:岡山県 - ジャンル:地域情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。