くらしき文化サポーター

中四国有数の拠点都市に成長した倉敷市。 観光地で有名なだけでなく、長い歴史と多くの文化遺産を有するまちなのです。少しずつ、このまちの文化を紹介していきたいと思います。

20170224_3001.jpg

20170224_3002.jpg


特別企画展 布志名舩木窯
舩木研兒 遺作展

 日時: 平成28年12月9日(金)~平成29年6月4日(日)
 場所: 倉敷民藝館
 主催: 公益財団法人倉敷民藝館
 入場料: 一般700円ほか
テーマ:岡山県 - ジャンル:地域情報
 昨日掲載した、昨年と今年お世話になるべき地域の神社。

 私にとって倉敷市玉島の陶・服部地域もそうなのです。
 こちらも本日初詣に行ってまいりました。

20170103_ (96)

20170103_ (98)

 奥谷の陶神社。

20170103_ (105)

20170103_ (141)

 南畑の畑神社。

20170103_ (171)

20170103_ (207)

 久能の八幡神社。

 今年も「何とか」なりますように。
テーマ:岡山県 - ジャンル:地域情報
 近年、初詣には、自分のところの氏神様と同様、市内の各地域の神社を巡ることにしています。

 仕事やプライベートで、昨年お世話になった地域、そして今年お世話になりそうな地域。
 その地域の神社を巡ることにしています。

 そこで元旦には、下津井三社を巡りました。

20170101_iPhone_ (41)

20170101_iPhone_ (67)

20170101_iPhone_ (79)

 まず、田之浦港の田土浦坐神社。

20170101_iPhone_ (110)

20170101_iPhone_ (111)

 吹上港の四柱神社。

20170101_iPhone_ (179)

20170101_iPhone_ (183)

 下津井港の祇園神社。

 どの神社からも瀬戸大橋が見える絶景がポイントです。

 今年も良い一年でありますように。
テーマ:岡山県 - ジャンル:地域情報
20161223_ (7)

20161223_ (8)

 下津井・冬のの風物詩、干だこのある港。

 干だこづくりも大体年末まで。
 瀬戸大橋の下では最後の干だこが揺れています。

20161223_ (10)
テーマ:岡山県 - ジャンル:地域情報
20160926_3001.jpg

 こういうの好きです。
 仕事じゃなければ行くのになあ。


地域を知ろう!連島88ヶ寺めぐり
 日時:平成28年11月5日(土) 10:00~12:00
 場所: 連島に現地集合
テーマ:岡山県 - ジャンル:地域情報
20160922_iPhone_ (25)

 先日、やっと行くことができました。

 ざるとかごは、倉敷民藝館の外村吉之介初代館長が、とても好きだったそうです。
 以後、このカテゴリは倉敷民藝館の収集品の柱の一つなっているのでしょう。

 ご覧あれ。


企画展「ざるとかご」
 期間: 平成28年6月10日(火)~10月2日(日)
 場所: 倉敷民藝館
 主催: (公財)倉敷民藝館
 入館料: 一般700円ほか
テーマ:岡山県 - ジャンル:地域情報
20160719_3004.jpg


倉敷屏風祭
 日時: 平成28年10月15日(土)~10月16日(日)
 場所: 倉敷本町、東町地区、美観地区界隈
 主催: 倉敷屏風祭実行委員会
テーマ:岡山県 - ジャンル:地域情報
20160719_3001.jpg

 そういえば、この展覧会にまだ行けてないなあ。


企画展「ざるとかご」
 期間: 平成28年6月10日(火)~10月2日(日)
 場所: 倉敷民藝館
 主催: (公財)倉敷民藝館
 入館料: 一般700円ほか
テーマ:岡山県 - ジャンル:地域情報
20160827_iPhone_ (1)

 時折思い出したように古本屋巡りをします。
 今回見つけて購入したのが「平凡社陶器全集『三島』」。

 ここでいう「三島」とは、陶器の模様の一種。
 器の表面を削り、あるいは凹ませ、白土などの色の異なる土を埋め込み、様々な模様を描き出す技法です。

 三島大社の暦の模様(崩し字)に似ていることから、この手の模様は「三島」手、「暦」手などと呼ばれます。

20160827_iPhone_ (2)

 さて、この本の表紙になっている壺。
 実はこの壺、倉敷民藝館所蔵の名品なんですね。

 倉敷民藝館には当初からあったわけではなく、後の寄贈品だと聞いています。
 昭和41年発行のこの本では所蔵場所が明記されていませんから、その後に寄贈されたものなのかもしれませんね。

 そういえば、この壺をしばらく見ていません。
 民藝館に久方ぶりの展示をお願いしておきましょうか。
テーマ:岡山県 - ジャンル:地域情報
20160719_3005.jpg

 倉敷川を清掃しながらも楽しむイベント。
 こんな感じです。

 興味のある方はどぞ。


親子で倉敷川 クリーン&ウォッチ
 日時: 平成28年8月6日(土) 9:30~
 場所: 美観地区内の倉敷川
 主催: 蔵おこし湧々
テーマ:岡山県 - ジャンル:地域情報
20160719_3003.jpg

 美観地区の中ですが、地域の人々が自分たちのために催しているイベントです。
 地域のおばあちゃんたちが町家で昔懐かしの駄菓子を売り、近所の子どもたちが買いに来る。

 このイベントを支えるのは、東町町内会、学区社会福祉協議会、NPO法人町屋トラスト、川崎医療福祉大学。
 地元の有志により支えられています。

 次回は8月6日(土)です。

 お楽しみに。
テーマ:岡山県 - ジャンル:地域情報
20160719_3002.jpg

 倉敷の町屋、第5土曜日のお楽しみ。


本町のきしたバル
 日時: 平成28年1月30日(土) 15:30~18:00
 場所: 倉敷美観地区内 本町通り KUKU・フェリシテ・あきさ亭・又長
 主催: 町の暮らしを楽しむ会
テーマ:岡山県 - ジャンル:地域情報
20160716_iPhone_ (1)

 先週の土曜日ですが、岡山短期大学の尾崎聡先生の指導のもと、児島の古代から中世の遺跡を巡りました。
 倉敷市大学連携講座の講座の一コマです。

 まずは加茂路(かもじ)峠から、田の口と瀬戸内の海を一望します。
 絶景ですね。

20160716_iPhone_ (19)

 次には、旭荒神社の境内にある古墳、荒神四つ塚古墳を訪問。
 6~7世紀の後背地を持つ古墳ですが、現在は平らにならされており、露出した石室を見ることができます。

20160716_iPhone_ (42)

20160716_iPhone_ (41)

 最後は、雁山城(がんやまじょう)跡へ。
 中世の城跡です。

 残念ながら城跡を想起させるものは、現在は残っていません。
 しかし、眺めは当時のそれを想い起こさせるものでした。

 城跡から琴浦、大畠、鷲羽山を見て、岬や浦の配置を確認。
 海を支配するのに、最適な環境にあることを納得しました。

 二週間後には、同じく田の口の近代遺跡を巡ります。
 あの地区には、趣のある建物がまだまだ残っているんですよね。
 楽しみましょう。
テーマ:岡山県 - ジャンル:地域情報
20160626_iPhone_ (2)

20160626_iPhone_ (4)

 日本で最も古い海水浴場の一つである、玉島黒崎の沙美海水浴場。

 ここでは毎年、海開き直前の日曜日に、海岸の一斉清掃を行っています。
 今年も日曜日に約j1,000人が集まり、朝のうちに海岸清掃を行いました。

 今年の海開きは、7月1日。
 きれいになった海岸が、多くのお客さんを迎えます。
テーマ:岡山県 - ジャンル:地域情報
20160430_iPhone_ (3)

 刊行に足掛け3年かかった「薄田泣菫書簡集」の最終巻・第3巻が、3月末に刊行されました。
 薄田泣菫宛てに書簡を出した人物を作家、詩歌人、文化人に分けて、3巻に収録ています。

 寄贈を受けた書簡の中から芥川龍之介の未発表原稿が見つかったのが、平成19年。
 それを縁に、専門の先生方にお集まりいただいて薄田泣菫資料研究チーム(後のプロジェクトチーム)を発足させたのが、平成22年。

 その後、私は平成25年4月に他部署へ異動となりましたが、変わらずそのあとを受け継いで、刊行に尽力してくれた次担当、そしてプロジェクトチームの先生方。
 本当にご苦労をおかけしました。

 私の異動後に第1巻が発行されていますので、私は書簡集の刊行(の一番難しいところ)には携わっていません。
 ですので、皆様方には本当に感謝しかありません。

 久々に書簡集を手に取りましたので、当時のことを思い出しながら、今夜は綴ってみました。
テーマ:岡山県 - ジャンル:地域情報