FC2ブログ

くらしき文化サポーター

中四国有数の拠点都市に成長した倉敷市。 観光地で有名なだけでなく、長い歴史と多くの文化遺産を有するまちなのです。少しずつ、このまちの文化を紹介していきたいと思います。

20190721_iphone_ (2)

 農業初心者、宇野津の棚田の再生にチャレンジ、二年目。
 雨の合間、晴れているうちに農作業をしなければ、と現地に向かいました。

20190721_iphone_ (15)

 久々の今日は、、追肥とヒエ取りです。
 追肥は、ややおそいかな、と思う時期ではありましたが、これから稲に育ってもらうことを期待しましょう。

20190721_iphone_ (23)

 4枚のどの棚田も、順調に稲が育っています。

20190721_iphone_ (28)

 しかし、昨年、ヒエが激しかった棚田は。
 今、すでにこの通り。

 写真の右上の部分で、葉っぱが詰まって見える部分。
 勢いが良く伸びているのは、すべてヒエです。

20190721_iphone_ (45)

 ということで、本日の二つ目の作業。
 ヒエ取り。

 まあ、ヒエ「取り」、というよりは、ヒエ「抜き」というべきものですね。 

 稲の合間に入り、次々に抜いて回ったのですが。
 すでにかなり大きくなり、なおかつ稲よりも深く根を張っているため、抜いて回るのにも一苦労。

 午前中には、全部を取り切れなかったので、来週の作業へ持ち越すことになりました。

 結構、しんどいです。
テーマ:岡山県 - ジャンル:地域情報
 今日、一年前の西日本豪雨後、初となる「真備・船穂総踊り」が開催されました。

 あいにく、本日の天気予報は芳しくありません。
 やはり、昼過ぎから、雨がぱらつき始めました。

20190713_iphone_ (3)

 そんな中、15時から舞台が開始され、「吉備真備太鼓」がオープニングを飾りました。

 ちなみに、今日の私の仕事は。
 舞台を横目にしつつ、「倉敷市真備支え合いセンター」のロゴ・電話番号が入った手ぬぐいを配ること。

 「真備支え合いセンター」とは、今年から一緒に仕事をしているチームです。
 被災された方々、一軒一軒を訪問し、困りごと等を傾聴し、必要な支援につなぐことを業務としています。

 そういう部署の手ぬぐいを配りつつ、お一人お一人に声を掛けつつ、活動内容を伝えていたのです。

20190713_iphone_ (29)

 さて。
 その後、数々の舞台を経たのち。
 支所前の「まきび通り」で「総踊り」がスタート。

20190713_iphone_ (40)

 日が落ちるにしたがって、やや力の強くなる雨を受けつつ、多くの地域団体や会社などのチームが、踊りを披露しました。
 沿道に傘の花が咲くほどの多くの方々が、家族や友人の踊りに声をかけていました。

20190713_iphone_ (18)

20190713_iphone_ (41)

 参加団体の、踊りが披露された後には。
 見学の方々などの、自由参加による踊り。

20190713_iphone_ (58)

 無事に、今年の催しが終了しました。

 本日の私の収穫は。
 皆さんの元気な姿を見ることができたこと。

 さらに、10年前、一緒に仕事をしていた真備町の方々と、久々に現状の報告を交わせたことです。
 いつでも会えると思いながら、なかなか会う機会がないまま、一年前の豪雨災害が起き、現在まで日が経ってしまっていたので、本当にうれしい出会いが何十回もありました。

 また、明日から頑張りましょう。


第13回真備・船穂総踊り
 日時: 令和元年7月13日(土) 15:00~20:30
 場所: 真備支所前駐車場・まきび通り
 主催: 真備・船穂総踊り実行委員会
 共催: 倉敷市
テーマ:岡山県 - ジャンル:地域情報
20190711_iphone_ (1)

 明日は、一年ぶりの「真備・船穂総踊り」。

 今日、夕方からの会議で、真備支所に立ち寄ったところ、大勢の方が準備にいそしんでいました。

 その中で、ボランティアとして働く方々の中に。
 昨年の豪雨で被災した、知り合いに会うことができました。

 以前のとおり、屈託のない笑顔で準備をされていたので、私からはご挨拶だけにとどめましたが。
 「今年から、皆さんと一緒に、復興に取り組む場所にいます。」と、伝えられたのは良かったです。

 一つ一つに真摯に。
 一人一人に誠実に。
 向き合ってきたいと思います。


第13回真備・船穂総踊り
 日時: 令和元年7月13日(土) 15:00~20:30
 場所: 真備支所前駐車場・まきび通り
 主催: 真備・船穂総踊り実行委員会
 共催: 倉敷市
テーマ:岡山県 - ジャンル:地域情報
20190711_iphone_ (7)

 先日、被災から一年後の追悼式典において、除幕が行われた「平成30年7月豪雨災害の碑」です。

20190711_iphone_ (5)

20190711_iphone_ (6)

 あの災害から一年が経過しました。

 あの日のこと、これまでの一年のことを忘れずに、復興のための仕事に取り組んでいきたい。
 そう思います。
テーマ:岡山県 - ジャンル:地域情報
20190709_iphone_ (3)

 真備・船穂総踊りのTシャツです。

 20190709_iphone_ (5)

 胸の「頑張ろう真備!」を合言葉に、13日は参加してきます。


第13回真備・船穂総踊り
 日時: 令和元年7月13日(土) 15:00~20:30
 場所: 真備支所前駐車場・まきび通り
 主催: 真備・船穂総踊り実行委員会
 共催: 倉敷市
テーマ:岡山県 - ジャンル:地域情報
20190701_3001.jpg

 今年から、「水島港まつり」の中で「水島よさこい」が始まります。

 「地域の現場実習型のインターンシップ@水島」で、昨年受け入れを手伝っていただいた、水島地域の方からいただいた情報です。


水島よさこい
 日時: 令和元年7月28日(日)
 場所: 水島港まつり会場内
テーマ:岡山県 - ジャンル:地域情報
20190629_iphone_ (80)

 農業初心者、宇野津の棚田の再生にチャレンジ、二年目。

 昨日の草刈りの後、下の段の棚田の見学に行きました。
 田植えが終わった翌週、雨の合間の晴れ間。
 棚田にコンビナートが映えていました。

20190629_iphone_ (76)

 ふと、土手から、池の方を見ると、こんな感じ。
 ちょっと水位が低いのではないかな、と思わされました。

 こういうのが気になるのは、農家的な視線になったからなのでしょうか。

20190629_iphone_ (88)

20190629_iphone_ (89)

 今日の水島コンビナートと棚田の風景は、こう。
 仲間になったんだから良いよね、と近くまで降りて撮影をしました。

20190629_iphone_ (90)

 こちらも、苗がすくすくと伸びていました。
テーマ:岡山県 - ジャンル:地域情報
20190629_iphone_ (20)

 農業初心者、宇野津の棚田の再生にチャレンジ、二年目。

20190629_iphone_ (56)

20190629_iphone_ (64)

 週末の天気予報は「雨」でしたが。
 今日は、その合間、雨の降らない間を縫って、畦の草刈りです。

 早いうちに、一度刈っておいた方が、後々楽になるはずだから。
 たぶん。。。

 本当は、植えた苗の根付きを見ながら、除草剤も散布するつもりだったのですが。
 こちらは、地域の方が、雨が降りそうだから、と先日撒いておいてくれました。 <(_ _)>

20190629_iphone_ (41)

20190629_iphone_ (49)

 ちなみに心配していた、苗の根付きの方は順調で。
 この一週間の間に大きく成長していました。

20190629_iphone_ (47)

20190629_iphone_ (59)

 水が満々とはられた田んぼの中では、オタマジャクシのほかに、ゲンゴロウ、ガムシ、アメンボ、ヤゴ、そのほか訳の分からない生き物、などが元気に泳ぎ回っていました。

 今年はなぜか、スジエビが多く泳いでいた田んぼがありました。
 どこの水路から上がってきたのかな。
テーマ:岡山県 - ジャンル:地域情報
20190627_3001.jpg

20190627_3002.jpg

 長年続く、真備町のお祭りです。

 毎年、夏に開催されているのですが、昨年度は平成30年7月豪雨災害のため中止されていました。
 今年度は「わが町、真備の復興を」をテーマに、開催します。

 真備町の中には、まだ心が痛む風景も残っていますし。
 いろいろな悩みを抱えている方の声も、数多く聞いています。

 少しでもお手伝い出来たら、ということで。
 当日は、仕事の繋がりではありますが、私もブース出展の手伝いに行きます。

 皆様もお越しください。


第13回真備・船穂総踊り
 日時: 令和元年7月13日(土) 15:00~20:30
 場所: 真備支所前駐車場・まきび通り
 主催: 真備・船穂総踊り実行委員会
 共催: 倉敷市
テーマ:岡山県 - ジャンル:地域情報
20190622_iphone_ (59)

 農業初心者、宇野津の棚田の再生にチャレンジ、二年目。

 自分の棚田、上の段の手入れを終わらせたのち、下の棚田の田植えの見学に。

20190622_iphone_ (60)

 この中池の土手からの眺めは、コンビナートの見える棚田として有名です。
 特に、今週の田植えのタイミングでは、県内外のカメラマンが押し寄せてきます。。
 特に最近は、驚くほどの人数になることもあるとか。

 一仕事終えた、朝10時過ぎに訪れたのですが。
 もう県外ナンバーの止まっており、三脚がセットされていました。

20190622_iphone_ (68)

20190622_iphone_ (69)

 この週末の二日間で下の段のほとんどの棚田では、代掻き、田植え、と一気に作業が進みます。
 中池の「ゆる」も既に抜かれており、水が勢いよく、それぞれの棚田を駆け巡っていました。

20190622_iphone_ (72)

20190622_iphone_ (85)

 まだ、どの棚田も代掻きが終った状態でしたが。
 これから半日程度で、田植えが進み、景色は見違えるようになります。

20190622_iphone_ (91)

20190622_iphone_ (120)
テーマ:岡山県 - ジャンル:地域情報
20190622_iphone_ (4)

 農業初心者、宇野津の棚田の再生にチャレンジ、二年目。
 田植え作業の一週間後の野良仕事。

 昨週にはできなかった苗のメンテナンス、「補修」を行いに、宇野津の棚田に足を延ばしました。

20190622_iphone_ (10)

20190622_iphone_ (13)

 私の棚田を含めて、宇野津の棚田では、中池より「上の段」の田植えは終わっています。
 やや曇りの天気ながら、田んぼの水面には、空とコンビナートが映り込んでいます。

20190622_iphone_ (16)

 さて。
 そうした景色を眺めながら、きれいに植えられた隣の田んぼを眺めながら。
 私の分の田んぼは、ある意味、田植えのやり直しに近い「補修」を行います。

20190622_iphone_ (19)

20190622_iphone_ (20)

 遠目に見たら、こんな感じ。
 なかなか、荒い田植えです。

 苗の短さもあいまって、今一つ、絵になりません。

20190622_iphone_ (22)

 近づけば、こんな感じ。
 水の流れ込む場所では、水の勢いに負けて苗が流されてしまっています。

20190622_iphone_ (23)

 水の深い部分では、一週間がんばっても、苗は水上に出ることができなかったようです。

20190622_iphone_ (54)

 それらの部分。
 苗の流されたところや、苗が水没して間の空いた場所に対して、苗を植えること約二時間。
 なんとか、見えるようにはなりましたでしょうか。

20190622_iphone_ (38)

 こんな感じに仕上がりました。

20190622_iphone_ (43)

 しかし、隣は、更にきれいに仕上げておりました。
 苗の並びや、畦や水路も含めて理想の姿ですね。

 おそらく、私の年齢以上に、棚田を守ってきた先達の「技」には、脱帽です。
テーマ:岡山県 - ジャンル:地域情報
 農業初心者、宇野津の棚田の再生にチャレンジ、二年目。
 昨日の、田植えの作業の続き

 午前中に代掻きを終え。
 いよいよ昼からは、田植え。

 昨年より田んぼが一枚増えていること、田植え機が新しくなっていること、などの不安があり。
 今日中に「補修」まで終えらることができるのか、微妙な状態で、昼ののスタートです。

20190616_iphone_ (36)

 お隣の棚田では、同様に田植え機が入っていました。

 うーん、まっすぐに植えていますねえ。
 経験の差を感じてしまいます。

20190616_iphone_ (54)

 今年は、この一輪車タイプの田植え機を貸してもらい、田植えを開始。

 二輪でなく、一輪のため、棚田の細く曲がりくねった畦道でも走ることが可能なこと。
 方向転換の取り回しが、楽なことが特徴でしょうか。

 欠点は、バックギアがないこと、かな。
 これで結構、苦労する面もありました。

 20190616_iphone_ (59)

 とはいえ、まだまだ田んぼのぬかるみの中で、十分に機械を取回すこともできず。
 また、曲がりくねった形の田んぼに、どう植えていくのか、の苦心もあり。

 田植え機を使った後に、植えられていない場所が、かなーり残ってしまいました。

20190616_iphone_ (71)


20190616_iphone_ (78)


 当然、この後に人力による「補修」を行うことになるのですが。
 ここで大きな問題が。

20190616_iphone_ (80)

 苗が十分に成長しておらず、昨年に比べて短かったこと。
 新しく復活させた田んぼの代掻きが十分ではなく、苗が植えられる面に、高い場所と低い場所ができてしまったこと。

 などの理由により、田んぼの真ん中あたりにも、田植え機でうまく植えることができず、稲が浮かんでしまいいている場所があったのです。

 また、畦の際の「補修」を行おうにも、苗の大きさに比べて、水が深すぎ、上手く植えられない場所が数多くできてしまったのです。

20190616_iphone_ (69)

 夕暮れ前まで、できるところを頑張ったのですが。
 結論として、来週にもう一度、「補修」を行うこととしました。

 その間には、苗ももう少し伸びているでしょうし。
 植えられた苗も根付くでしょうから、田んぼの中に入っての手植えも可能になるのではないか、と期待しています。

 とりあえず、来週に続く
テーマ:岡山県 - ジャンル:地域情報
 農業初心者、宇野津の棚田の再生にチャレンジ、二年目。
 いよいよ、今日は田植え。

 本当は昨日の予定でしたが、あいにくの雨天のため、本日に延期となりました。

20190616_iphone_ (3)

 天気予報を信じて、一日待ったかいがありまして。
 今朝は、この通りの快晴となりました。

 周りの棚田の中には、すでに田植えを終わらせているものもありましたが。
 私が、代掻きや田植えの機械を入れるため、中を通してもらわなければならない田んぼは、田植えを待ってくれていました。

20190616_iphone_ (9)

 さて、早速、代掻きの機械を運んだのですが。
 思った以上に、田んぼの中に草が生えていたため、まずはこの草を抜くところからスタート。

 水の上に葉が出てしまっている草には、除草剤も効果がないですからね。

20190616_iphone_ (14)

 この田んぼなどは、田植えの前なのに、すでに稲を植えたように見えてしまっています orz

20190616_iphone_ (16)

 小一時間、草抜きをして。
 いよいよ代掻きのスタートです。

 まずは、機械で荒くならします。

20190616_iphone_ (24)

 次には、とんぼの出番。
 田んぼをなるべく、水平に、水が均等にいきわたるように、と。
 田んぼをならします。

20190616_iphone_ (26)

 とはいえ、どこまでやっても、今一つなので。
 時間を見ながら、「この程度か」のところで手を打ちます。

20190616_iphone_ (35)

 が、今回は、この代掻きが不十分だったことから。
 後に、痛い目を見ることになるのです。

 つづく
テーマ:岡山県 - ジャンル:地域情報
20190609_iphone_ (2)

 農業初心者、宇野津の棚田の再生にチャレンジ、二年目。

 さて、先日の日曜日の、集落での草刈り

 私の棚田の水源の一つ。
 イラ谷池。

 昨年の7月豪雨災害により、池に大量の土砂が流れ込み、修復が待たれていましたが。
 現状、池の水をすべて抜いて、作業中です。

20190609_iphone_ (5)

20190609_iphone_ (8)

 まだ、重機が入っているままで。
 水を溜められる状態ではありません。

20190609_iphone_ (14)

 そのため、イラ谷池のみを水源とする棚田は、今年の作付をあきらめるそう。

20190609_iphone_ (18)

 ちなみに、イラ谷池に向かう道中も。
 このように道の一部が崩落しています。

 幸いなことに。
 私の棚田は、イラ谷池だけでなく、もうひとつの淵ヶ谷の池を水源としていますので。
 例年と比べて、水は少ないながらも、作付は可能のようです。

20190609_iphone_ (98)

20190609_iphone_ (99)

 とは、いいながら。
 今年はこれまでの雨が少ないことから、苦労しそうであります。

 地元の方は、今週末の田植えに備えて。
 早々に水路に、水をためる準備をしていました。
テーマ:岡山県 - ジャンル:地域情報
 農業初心者、宇野津の棚田の再生にチャレンジ、二年目。

 昨日の続き
 午前中、集落の皆で、用水の手入をした後は。
 各々の田んぼの手入れとなります。

20190609_iphone_ (76)

 このとおり。
 管理していただいている、苗代の稲も順調に育っています。

20190609_iphone_ (61)

20190609_iphone_ (62)

 さて、これが今の私の棚田。
 ちょっと放置していると、すぐ草が生えてしまいます。

 午後からは、田植え前の。
 最後の田起こしと、下肥え(肥料入れ)を行いました。

20190609_iphone_ (55)

 ちなみに、二日前が雨だったので。
 雨の後、ぬかるむはずの、この田んぼは、地域の方が雨の前に耕してくれていました。
 本当に、感謝です。

20190609_iphone_ (64)

 午後の約三時間をかけて、のんびりと作業を続け。
 棚田の最後の田起こし(耕運)を終えました。

20190609_iphone_ (93)

20190609_iphone_ (101)

 さて。
 いよいよ来週は田植えです。

 今年から、結構広めの、難しい形の田んぼが一枚増えています。
 予定通りに終わることやら。。。
テーマ:岡山県 - ジャンル:地域情報